ウッドハウス 木の恵みに満たされて

ウッドハウスは住む人が健康で環境に配慮した住宅dです

  • 外張り断熱の家
  • 丈夫で長持ち
  • 呼吸する家
  • 天然素材

外張り断熱の家 基礎から屋根まで丸ごと外断熱

  • 温度のバリアフリーを実現。常に客室内の温度差を5度以内に保ちます。
  • 防蟻性能を持つウッドハウス オリジナルのTBボード工法
次世代省エネ基準に対応する高性能

これまでの充填断熱では柱、間柱を通して熱が流れていましたが、ウッドハウスは構造体を断熱層で外側から全て包み込むアキレス外張り断熱工法を採用しています。これにより、さらに冷暖房効率がよくなり、省エネに貢献するようになりました。また、「次世代省エネ基準適合住宅評定」を取得しています。

夏場の逆転結露対策がポイント!

今もっとも多い工法「通気工法+充填断熱」の場合、夏の様に高温多湿の外気に含まれる水蒸気は、室内が冷房されているため、屋外から室内(水蒸気は湿度が高い方から低い方へと向かう)へと向かいます。

水蒸気が、外から内側に向かって防風層から断熱材を自由に通過し、冷えた防湿層のところでせき止められ、壁の中に結露現象を起こし危険な状態になります。

一般に木材腐朽菌は10℃以上で活動し始めるので、夏の高温多湿状態は腐朽菌が活発に活動します。そのため木造家屋にとって逆転結露現象は無視できません。

ウッドハウスの外断熱は断熱材自体に透湿抵抗があり、かつ両面に防湿層があるので内外のどちらからも水蒸気の動きを制御できるので逆転結露は起こりません。

両面防湿層のある硬質ウレタンを使用

住宅の断熱材として使われている材料として、繊維系のグラスウール、ロックウール、そして木質繊維系のセルロースファイバー、インシュレーションボード、発泡プラスチック系のポリスチレン、硬質発泡ウレタン等があります。このうち、最も多く使用されているグラスウール、ロックウールは吸湿性、透湿性があり、一旦水蒸気を含むとなかなか乾きません。特にグラスウールはわずかな湿気でも熱伝導率が上昇し、熱を伝えやすくなるため、防湿処理を完全に施工する必要があり、たいへんに手間がかかります。 一方、ウッドハウスの外断熱は硬質ウレタンを採用しているので、材自身も湿気を通しにくく、さらに材の両面に防湿層があるために吸湿することもなく、長年にわたって安定した断熱性能を保持します。

TBボードで基礎にも外断熱

従来の木造住宅基礎外断熱工法の弱点として、地中に埋設された断熱材はシロアリの被害を受けやすく、事実、被害が拡大しています。そのためTBボードの様な基礎の耐久性の助長、熱橋防止または良好な床下温熱環境を構築し、住宅の耐火性向上を図る意味で、断熱材の施工位置を外側にする「基礎外断熱」施工が望まれています。

※TBボード・・・ウッドハウスが開発した優れたオリジナル建材。

TBボードをもっと詳しく

丈夫で長持ち ウッドハウスは、高い強度を持つモノコック構造

  • 各階床に構造用合板を構造材に直接ベタ張りし、床剛性を高めています。
  • モノコック 単一成形による構造。外界からの力に強く、レーシングマシンなどによく使われる。
強固な骨組み:木造合理化認定取得の専用金物

住宅に長い間安心して住むためには、主要構造部の強度確保が欠かせません。ウッドハウスでは、ムク材の1.5倍の強度を持ち、狂いの少ない構造用集成材を使用します。しかもすべて骨太サイズです。さらに、断面欠損の少ない金物による接合で、耐震強度もより高めています。

木より強い集成材:21世紀の新素材

エンジニアリングウッドといわれる構造用集成材は、新しい空間を創造する木材として脚光を浴びています。その優れた材料には、次のような特徴があります。

●耐火性能

●安定した強度(ムク材の約1.5倍の強度)

●狂いが少ない

●耐腐食性

壁体内結露を防止:壁体内や屋根の内側に空気の通り道

建物の寿命を考えると、普段目にすることのない壁の中の結露が原因でおこる、腐りや、カビの発生は防止したいもの。ウッドハウスは外断熱で家全体をすっぽりと包み良好な室内環境を実現しながら、壁の内部に空気の通り道を作ることで結露を防止し、建物はもちろん、住む人の健康にも充分配慮しています。

基礎はベタ基礎。土台はヒバ

基礎はベタ基礎を採用し、建物の荷重を地盤に均一に伝えます。床下全面にコンクリートを打設しますので、地面からの湿気をシャットアウト。さらに、土台、大引きにはシロアリの被害が少ないとされるヒバを採用しています。

地震や台風に強い、構造用耐力面材

一般の軸組工法の家は力の方向によっては(圧縮方向には強く、引張り方向には弱い)弱いため、地震などの強い力が加わると傾くこともあります。

ウッドハウスの壁は構造用面材を使用しているため、力を全体で受け止め分散させるため、頑丈です。

呼吸する家 ウッドハウスの呼吸法 全館換気システム

  • 「全館換気システム」を採用し,省エネ効果も抜群です。
  • 計画換気装置はエコロジーなシステムを採用。お掃除も簡単です。
  • 花粉防除用フィルターを装着すると花粉をシャットアウトできます。
第一種換気を採用

ウッドハウスは第一種換気を採用しています。窓の位置や、プランニングで空気の流れを検討するのはもちろん、排気と給気の両方に機械(換気装置)を使って計画的に換気することにより、屋内の空気を循環させ温度差を減らすと同時に、常に新鮮な空気を給気して室内の汚れた空気を排気しているのです。その際、約70%の熱と湿度を回収しながら外の新鮮な空気を取り入れています。電気代は、全館24時間使っても、約1,000円前後(1ヶ月平均)と経済的です。

春や秋の快適な気候の下では、自然換気を併用し、常に良好な空気環境が実現できます。

天然素材 天然木と自然の素材使用で、気持ちよく美しい。

  • 健康住宅「ウッドハウス」の名称は自然の木がふんだんに使われているのが由来です
  • 優れた調湿作用 防臭性が高い 抗菌成分 森林浴効果
  • ウッドハウス
  • 風と光と木の家
  • 塗り壁と木の家
  • おいしい空気の家